"> 遊びながら楽しく覚える!数の数え方 | 日米保育士兄妹

遊びながら楽しく覚える!数の数え方

2020年10月1日

こんにちは。


日本で働く兄こうと、アメリカで働く妹ゆんの日米保育士兄妹です。



1,2,3,4,5・・・・


数の数え方、どうやって子どもに教えていますか?


小学校に入学すると、算数がありますよね。


入学する前に「数に少しでも触れさせておきたい」という方はたくさんいらっしゃると思います。


お風呂に入っているときに「い~ち、に~、さ~ん」とお子さんと一緒に暗唱してる方も多いのではないのでしょうか?

わたしは昔、父とお風呂に入った時「10まで数えたら出ていいからね。」と、よく言われたものでした。笑
やった!やった!懐かしい思い出だね♪笑



こどもはこの数の暗唱を【歌】のように理解しています。


もちろん、数字をたくさん聞かせて覚えてもらうこともとっても大事です。


今回はその《数の数え方》の考え方を、楽しく覚えられる方法を2つご紹介します。

いもむしフィンガーカウンティング

まず1つ目は、指でポンポンして楽しく数を覚えられる《いもむしフィンガーカウンティング》


指から感覚で覚えていくため、2~3歳の数をはじめたばかりの子にオススメです。

用意するもの

・絵の具
・いもむしフィンガーカウンティングの用紙 ダウンロード

※用紙をつくるのがめんどうな方は、ぜひ『いもむしフィンガーカウンティング』PDFを使用してくださいね。

やり方

指に絵の具をつけて、1~10まで数を数えながらいもむしの体をつくっていきます。

ピラミッドのように、ぱっと見て数の増え方が分かるので「1は少ない、10に近づく程大きくなる」というのが一目で理解できます。

リンゴの木

2つ目はねんどを使って、数を覚える《りんごの木》のご紹介です。


このりんごの木は、文字の書き方も一緒に覚えられちゃう一石二鳥な教材です。

用意するもの

・ペン
・粘土
・『りんごの木PDF』ダウンロード
・ジップロック 10枚
・りんごの木の用紙 10枚

※「りんごの木」PDFを用意しました。よろしければ使って下さいね

作り方

りんごの木用紙の大きい四角の中に1~10までの数を書いてそれぞれジップロックの中に入れます。

遊び方

①りんごの木に数分だけねんどでりんごをつける。

②四角の中の数字をねんどで作る。

③表の中にりんごの数だけねんどを置いていく。

この《りんごの木》ワークシートひとつで、数の数え方・書き方が覚えられちゃいます!


りんごの木では数分だけりんごを実らせて、表はねんどが並んでいるので数が数えやすくなっています。

いろんな素材で数にたくさん触れよう!

指を動かして、数を覚える方法を2つご紹介しました。


数を覚えさせるには、とにかく言葉のシャワーが大切です。


すぐに覚えられるなんてことはないので、日頃から数にたくさん触れさせてあげて下さい。

この教材で学んだら、例えばお買い物のときに「りんごを1つとってきてね」「じゃがいもが2つ欲しいな」と日常生活の中でも応用することができます。

公園に行ったときも「どんぐりを5個集めてみよう!」とゲーム方式でやっても楽しいです。

できたときは、たくさん褒めてあげてくださいね

間違えた時は、一緒に数えなおしてあげます。

数は楽しいものなんだ!と感じればこどもが自らどんどんと積極的に覚えていきますよ。

まとめ

2つの《数の数え方》いかがだったでしょうか?

数の教え方ひとつでも、色々な素材・方法で教えていくことができます。

ぜひ、お子様がやりたい!と思う方法で数にたくさん触れさせてあげてくださいね♪

😃この記事を最後まで読んで頂いて、本当に有難う御座いました!😃

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

もし、参考になったり、面白かったと思って頂けたならば、バナーをクリックして、ブログランキング上位になるための応援をして頂けると嬉しいです♪

クリックして頂けると、励みになります♬よろしくお願いします♬

スポンサーリンク