"> 【冬の実験】水と油でクリスマスオーナメントを作ろう! | 日米保育士兄妹

【冬の実験】水と油でクリスマスオーナメントを作ろう!

こんにちは

日本で働く兄こう
アメリカで働く妹ゆん
日米保育士兄妹です

ゆんの保育園では先日、クリスマスの時期にぴったりな実験を行いました。

その名も“水と油のクリスマスオーナメント”。

とっても簡単にできて、こどもと一緒に盛り上がる実験です。

突然ですがおうちや、園で何かを見せるときに“声がけ”はしていますか?

“声がけ”はこどもたちが自ら考えるようになるため、とっても大切です。

実験をやる際の声がけポイントも、ひとつひとつご紹介していきます。

用意するもの

・油 ・スポイト
・フードカラー
・漏斗(じょうご)
・水を入れた小さな容器
・ドレッシングなどフタつきの瓶
材料をひとつひとつ、こどもと一緒に確認していこう!

準備

・漏斗(じょうご)を使って、瓶に油を入れる。
・小さな容器にフードカラーを混ぜて、色水をつくる。

色をつくる度に「これは何色かな?」と聞いてみよう

やり方

いよいよ実験に入ります。

実験をする前には「この色水を油の中に落としたら、どうなると思う?」とこどもに聞いて、一緒に仮説をたててみましょう。

ピューって油が飛び出すと思う!
黒になると思う!

1.スポイトを使って、色水をすくい上げて油の中に落とします。

スポイトのやり方を説明する際は「押す・はなす・すくいあげる」の動作をゆっくりとみせてあげましょう。

2.続いて、いろんな色を入れていきましょう。あら、不思議。綺麗な色水玉が油の中に落ちていきます。

クリスマスオーナメントみたいで綺麗だね!

3.全部の色を入れ終えたら、フタを閉めて瓶を振ってみましょう!

振ったら、色が混ざるかな?

4.色水が分離して、小さな小さな色の玉に変化しました。

このあとも、何度も何度も飽きるまで楽しめます。

実験後

最初に立てた仮説があっていたかどうか確認します。

この実験は「水と油の性質」を利用した実験です。

水と油は、性質の違いがあるために、かき回すだけでは絶対に混ざり合わりません。また、油が上になって色水が下に下がるのは、油が水よりも軽いためです。

こどもにこの実験のポイントを簡単に説明してあげよう!

まとめ

クリスマスの時期にぴったりな「冬の実験」はいかがでしたか?

いつもの遊びとちょっと違ったことをやると、こどもたちの食いつきもかなり違います。笑

日頃からもそうですが、このような実験を行う場合“声がけ”がとても大切になってきます。

ひとつひとつの動作をする度に声をかけることで、こどもたちが自らの頭を使って考えるキッカケとなるからです。

こうした小さな積み重ねで、自分で考える力が徐々についていきますよ。

おもしろいと思った方は、ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

実験

Posted by yunkou