"> 【5月 制作物】日本とアメリカ 比べてみた | 日米保育士兄妹

【5月 制作物】日本とアメリカ 比べてみた

2020年9月27日

こんにちは

日本で働く兄こう
アメリカで働く妹ゆん
日米保育士兄妹です。


今回は【5月の制作物】を
日本とアメリカで比べていきます♪

こうの保育園の製作

子どもの日製作

みんなで協力してこいのぼりをつくりました。

大きいこいのぼりに、うろこに見立てたチビこいのぼり

うろこは、三枚の紙を重ねて作成。

作成工程は
スタンプ(ダンボールを四角、三角、丸にしたスタンプ)⇨糊付け⇨クレヨンで目とひげ⇨ハサミで切り、鉛筆でクルクルして立体感をつける。

スタンプをしているときは、「丸の形になった~」と驚く子やスタンプしないでスリスリする子、又綺麗に並べる子等…それぞれ性格がでていました笑。

ひっかき絵

スクラッチ ひっかき絵

ひっかき絵はつまようじなどで黒い紙に絵を描くと、レインボーの絵が描けるアートです。

ポストカードサイズで行いました。

青赤緑黄色の4色を塗った上から黒をかぶせて塗り台紙の完成です。

最初子ども達に見せる時に、予め黒く塗った画用紙に「今から先生が魔法のペンでここにお絵描きしちゃうね~」と言い、魔法のペン(つまようじ)で描くと「えっ!?なんで!?先生すご~い!」と興味津々でした

さあ、作業開始!と塗り潰していきましたが、これがまた根気のいる作業…

それでもなんとか塗り終わり、最後の黒塗りで「ここが一番大事なとこだからね~真っ黒に塗り潰してね~」と声を掛けると、スイッチが入ったようにゴシゴシ塗っていました笑

塗り終わりお絵描きをしていると、「すごい綺麗!面白い!」と楽しんでいました!が…この後が大惨事。

顔が黒くなったり…上履きの裏に黒いクレヨンがついて、床が真っ黒になったり…掃除が大変でした

ゆんのアメリカの保育園

Cinco de Mayo

https://stat.ameba.jp/user_images/20180603/03/nichibei-hoikukyodai/ef/26/j/o1080081014203610456.jpg?caw=800

日本では5月5日といえばこいのぼりですがアメリカでは〈Cinco de Mayo シンコデマヨ〉という行事があります。

1862年5月5日、50年勝ち続けてちたフランスをメキシコが破りました。
それ以降他大陸からアメリカ大陸への侵攻がなくなったのです。

それほど歴史上とても重要な日なのですが、、
メキシコでは公的な祝日ではありません。
メキシカン人口が多いアメリカでは、この日メキシカンレストランに行ったりしてお祝いをする人達が多いです。

Mother’s Day 母の日

母の日 製作

生徒一人一人の手形をスカートに見立てて作りました。

母の日製作

カラフルでおしゃれな手形ドレス。こちらのアートは母の日に合わせて、ママたちへのプレゼントにしました。

Bugs 昆虫

昆虫 製作

日本では3.4月頃から昆虫などたくさんの生命が活動し始めますが、ゆんの住む地域では5月頃から暖かくなり虫たちが活動をし始めます。

上の写真は蝶々が卵からどのように変化していくのかという過程をアートを通して学びました。

たまご→幼虫→さなぎ→成虫という全く違った形で変態のしかたをすることを完全変態といいます。

蝶々やおたまじゃくし→カエルなどですね。

ちなみに英語では
Complete metamorphosis
コンプリート メタモーフォシス
と言います。

今回は5月の制作物を日本とアメリカで比べていきました。

当たり前のようですが同じ5月でも国が違えば、学ぶ事も少しずつ違ってくるのですね。

6月もお互いどんなものを作っていくのか楽しみです

😃この記事を最後まで読んで頂いて、本当に有難う御座いました!😃

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

もし、参考になったり、面白かったと思って頂けたならば、バナーをクリックして、ブログランキング上位になるための応援をして頂けると嬉しいです♪

クリックして頂けると、励みになります♬よろしくお願いします♬

スポンサーリンク