"> 楽しくリサイクルについて学ぼう | 日米保育士兄妹

楽しくリサイクルについて学ぼう

2020年9月27日

こんにちは。

日本で働く兄こう
アメリカで働く妹ゆん
日米保育士兄妹です。



少し前のことですが
4月はEarthdayがありました。

Earth Day(アースデイ)とは?
Earth Dayとは、簡単に言うと地球について考える日です。

アメリカウィスコンシン州の上院議員だったゲイロード・ネルソンが、1970年4月22日に環境問題について討論をする集会を開きました。

それをきっかけとして、アメリカには環境省が作られ、環境に関する法律も制定されるようになりました。

そうしてアースデイ集会として全世界に広まっていき、このEarth Dayができたのです。 

日本でもアースデイ東京によるEarth Dayの大きなイベントがあり、毎年多くの人が集まって環境問題・社会・平和などについて発信・学ぶ機会となっています。

楽しく学べる!リサイクルゲーム

ゆんの園ではリサイクルについて
ゲーム形式で学びました。

やり方はとても簡単。
箱にリサイクル素材の名前を書いた紙を貼り
リサイクルできる物を分別していくというゲームです。

l子どもたちに「リサイクルゲームをするからお家で出るリサイクルできるものを持ってきてね!」と伝えると、たくさん持ってきてくれました。

リサイクルゲーム

リサイクルで使える英会話

それぞれの分別箱には
以下の紙を貼り付けます。


これを英語にすると
英会話の練習にも役立ちますよ^^ 

リサイクルについて役に立つ英単語 ・compost(肥料にできるもの)
・plastic(プラスチック)
・paper(紙)
・aluminum (アルミニウム)
・glass(ガラス)
・cardboard (段ボール,厚紙)

ゲームをやってみて、こどもたちの反応は?

子どもたちが持ってきた
リサイクルできる物を箱の前に置き
すぐにゲームが始まりました。


お家から持ってきたものを
どの分別箱に入れるのか
みんな一生懸命に考えます。


自分のお家から持ってきたものだからなのか
特別感があってワクワクする子どもたち。

「これは誰が持ってきたのかな?」と名前を呼んでから
それを手に取って、リサイクル箱へ分別する子どもたちは
とても楽しそうでした。

ペラペラのプラスチック(トイレットペーパーなどのビニール包装)が少し難しかったみたいで、多くのこどもたちが paper(紙)の分類のところに入れていました。

しかし、それもいい勉強です。
この機会を通して、ペラペラのビニールは
plastic(プラスチック)の分類に入るということを学びました。


みんなこのゲームが気に入ったみたいで
Earthdayの週は毎日遊びました。

Earth Dayまとめ

 4月22日は地球について考える日。


みなさんもこの日をきっかけとして
地球についてぜひ考える機会を

つくってみてはいかがでしょうか?

地球温暖化問題、社会問題
自分たちができる地球を守る方法など
いろいろ考えることができます。

小さな頃から地球について学ぶことによって
こどもたちが大きくなってからも
私たちの住む環境を大切にしようということを
自然と身につけていくことができますね。

本記事でご紹介した《リサイクルゲーム》
とっても簡単なのでぜひお子さまと一緒に
やってみてくださいね😁

😃この記事を最後まで読んで頂いて、本当に有難う御座いました!😃

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

もし、参考になったり、面白かったと思って頂けたならば、バナーをクリックして、ブログランキング上位になるための応援をして頂けると嬉しいです♪

クリックして頂けると、励みになります♬よろしくお願いします♬

スポンサーリンク